カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

平成の名水百選「雲城水」

当店ではコーヒーを抽出するのに、福井県小浜市一番町の名水「雲城水」を使用しています。
雲城水は「ふくいのおいしい水」にも選出されている、大変美味しい水です。
平成20年6月には、洞爺湖サミットにちなんで環境省から「平成の名水百選」に選出されました。

雲城とは雲浜の城下町の意味です。
地下30mに水脈が存在するこの水は、旧小浜漁港のすぐそばから湧き出ているにもかかわらず非常に美味な淡水であり、地域住民に愛飲されています。

昭和24年に雲城高等小学校(現在は廃校)の同窓会によって一番町に設置され、時折場所を変えながら、この水は地域の人々に親しまれ生活に密着してきました。

一番町は古来より清水湧き出る豊水の地として知られていました。
各戸に掘り抜き井戸があり、そこから夏は冷たく、冬は温かい恵みの水が絶え間なく流れ出ていたと言います。
一番町の地下水の特徴は、水量が豊富なために常に水が湧き出てくるところにあります。
井戸と言えば、つるべやポンプで汲み上げるイメージでしょうが、雲城水を含めた一番町の地下水は、自然圧によって流れ出ている湧水です。
現在の雲城水も前述のように30mもの地下から自噴しているのです。

この利便性は水の利用者にとって、まさに恵みです。
反面、水禍に襲われることも多く、大雨が続けばたちまち街中が水浸しとなり、大きな被害が出たそうです。
そのため、水天宮をお祀りし、毎年7月23日、水に対する報恩感謝と水難除けの祭典を行っています。

40名からなる「一番町振興組合」は雲城水の良さをアピールするため、様々な食品の販売を始めています。

・豆腐
・酒
・そば

雲城水を使用した食品には「百伝ふ(ももつたう)」のブレンド名がつけられています。
雲城水は源泉から百年かけて地下水脈を流れてくると言われているので、「百伝ふ」の百はここからつけられたものです。
また、水源のある場所は百里ヶ岳であるのも面白いところです。
なにかと百に縁のある雲城水を使った商品にふさわしい名前だと思います。

雲城水を使用したコーヒー

雲城水は硬度が40mgで、水道水(一般的に50mg〜55mg)に比べると低い水です。硬度が低い水は口に含むと柔らかい感じがします。
コーヒーは水の硬度が低い軟水だと「まろやか」で「酸味」が出やすく「香り」が豊かになり、硬度が高い硬水だと「苦味」が強く出ます。
基本的に日本の水は大半が軟水ですが、雲城水は水道水よりさらに硬度の低い水なので、まろやかさが増します。
また、キリッとした酸味と良い香りがあり、苦味は抑えめの飲みやすいコーヒーに仕上がります。
この話をすると、お客様に「コーヒーの酸味は苦手」とよく言われます。詳しく話を伺うと、ほとんどの方が「コーヒーの酸味 = すっぱい」と勘違いされているようです。
コーヒーの持つ本来の酸味は、少しだけ舌先にピリピリとした刺激を与え、コーヒーの味わいを引き締めてくれる成分です。断じてすっぱいものではありません。
すっぱいコーヒーは「古くなって酸化した豆」により抽出されたものです。
雲城水はコーヒーの持つ本来の酸味を引き出し、まろやかで飲みやすいコーヒーを抽出してくれる大変素晴らしい水です。
また、水道水ではどうしても出せない、透明感を引き出してくれます。

近年の問題点

近年は豊富な地下水の水位が年々下がりつつあります。
それでも自噴による流出や生活用水としての使用だけでは枯渇の心配はほとんどありません。
問題となるのは融雪装置による道路への一斉散水です。
融雪装置は確かに安全な通行のためには欠かすことのできないものではあります。
しかし、過剰に水を使っていると思われる場所も存在します。
融雪装置が一斉に動くと地下水脈の圧力が下がり、雲城水が自噴できなくなるケースも出始めています。

自噴停止
自噴が停止した状態

モーター汲み上げ
自噴が停止したため、やむを得ずモーターで汲み上げている状態
(左が停止した自噴、右がモーターによる噴出)


上の写真のように、モーターを動かせば汲み上げることは可能ですが、それでは完全な天然水と言えなくなります。
また、圧力が下がれば他の水脈と混ざって水質が変わったり、海の圧力に負けて海水と混じり合ってしまう危険性もでてきます。
海水と混ざったら雲城水は終わりです。
二度と元に戻らないでしょう。

そのため、40名からなる「一番町振興組合」は地下水の保全を求める陳情書を市に提出しました。

市にはまず地下水脈と水量を調査。融雪に使用する場合の許容量を調べてほしい。豊かな水は食のまちづくりを進める市のシンボルでもある。
    ── 一番町振興組合の宇田川省二理事長 談話



また、2007年には雲城水の噴出場所と極めて近い位置にある公立小浜病院が26年もの期間、地下の配管を点検しておらず重油を流出させていたことが発覚しました。
不幸中の幸いで、重油の流出は土壌の表面の事でした。
2008年3月現在も、小浜病院が雲城水などの地下水の水質検査を毎日行っており、異常がないことが確認されています。
土壌表面の重油が、地下何十mの深度にある水に影響を与えることはないでしょう。
ましてや、油は水より比重が軽いですから浸透速度は極めて遅い上、水脈との間に液体をほとんど通さない粘土層も二つ確認されています。
ですが、何十年何百年経過した、我々の子々孫々の時代まで安全だと断言できるでしょうか。



滋賀県との境にある源泉から百年の時を経て流れてくる水。
60年近く昔の昭和24年に有志が設立した井戸。
それ以前から一番町の住民を支えてきた雲城水。



この水を、枯渇や重油の流出から救うのは、もはや個々人の力では不可能です。
食の街を謳っている以上、市が先頭に立って食の礎となる水の保全に尽力してくれることを願います。

付近の写真

全景
全景

歴史を綴った看板
歴史看板

ふくいのおいしい水
認定看板
認定看板

水天宮
水天宮

ページトップへ