☆SVZ通信☆

■■NO.9 2009/1/16■■

喫茶SVZ店長の桑田です。
メルマガNO.9の発行となりました。

コーヒーミルを全品キャンペーン価格で販売致します!
詳しくは【1】の最後の方をご覧ください。

去年一昨年とは比較にならない大雪ですね。
店の前の狭い道は見捨てられてしまったのか除雪車も通らず、まるで別世界のよ
うです。
また、除雪車が通ったら通ったで雪の塊で入り口を塞いでくれます。
困ったものですね〜

今回は豆の保存について語りたいと思います。

過去のメルマガは下記のアドレスでご覧頂けます。
http://svz.liferoom.ne.jp/organic/005.htm

◆◇◆ 目次 ◇◆◇

【1】コーヒー豆の保存
【2】現在の特価豆
【3】先週のコーヒーランキング
【4】お知らせ
【5】編集後記

※登録・解除は下記アドレスでお願いします。
http://svz.liferoom.ne.jp/organic/005.htm
アドレス変更の場合は旧アドレスと新アドレスを記載の上、svz-cus@liferoom.
ne.jpまでお知らせください。

このメルマガは登録して頂いたお客様にのみ送信しています。
心当たりのない方はお手数ですが上記アドレスまでその旨お知らせください。今
後、送信されないように致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

━━━━━━━━━━
【1】コーヒー豆の保存
━━━━━━━━━━
コーヒー豆の状態は、生豆(きまめ)、焙煎豆、挽き豆に大別できます。
生豆はコーヒーの実から豆が精製された状態で白っぽいものです。
焙煎豆は当店のカウンターに並べてある状態、焼いて(焙煎されて)茶色〜黒色に
なっています。
挽き豆は焙煎豆をミルなどで砕いた状態です。

状態によって豆が保存できる期間は異なります。

生豆は保存状態が良ければ2年〜5年持つと言われ、麻袋などに入れて風通しを良
くして保存します。

焙煎豆は密封保存が大事になります。
賞味期限そのものは半年〜一年ほどあります。
但し、美味しく飲める期間は常温で一ヶ月程度です。季節によっては二週間ほど
で劣化が激しくてえぐみが出ることもあります。
スーパーなどで販売されている豆に表示されている賞味期限は、美味しい期間で
はなく安全な期間です。
例えば、賞味期限まであと二ヶ月であった場合、焙煎後四ヶ月経過している可能
性があり、あまり美味しくないと思います。

挽き豆も密封保存が大事です。
これも賞味期限そのものは焙煎豆と同様ですが、美味しく飲めるのは常温で二日
〜一週間程度です。
挽き豆は焙煎豆に比べて表面積が8〜16倍になると言われ、急速に酸化が進み、
香りが抜けます。



焙煎豆・挽き豆共に冷凍保存が可能です。
冷凍保存しておけば焙煎豆で三ヶ月、挽き豆であれば三週間ほどは品質が保持で
きます。
但し、開ける時は常温に戻ってからにしましょう。
冷えた状態で開封してしまうと、空気中の水分が付着して結露し、取り返しがつ
かないほど味を劣化させます。
それはもう、二度と体験したくないひどい味です。
まあ、数秒くらいなら大丈夫ですけどね。
できれば冷蔵解凍した上で、常温に戻してから開封が望ましいです。
何度も開封することになりそうであれば、冷凍する前に小分けした方がいいでし
ょう。

また、コーヒー豆は消臭効果が強いことで知られていますが、と、言うことは他
の匂いを吸着しやすいと言うことです。
ですから、袋などに入ったコーヒーをさらにフリーザーバッグ等に入れて二重に
することをお勧めします。
二重にすることが難しい場合は、厳重に封をすることが望ましいです。
しっかりと封がされてないと冷凍庫内の匂いが移り、それはそれは恐ろしい風味
になります。
特に魚介類が入っている冷凍庫に入れる時は要注意です。


豆のままの方がコーヒーの味わいや風味が長持ちします。
そんなわけでコーヒーミルの特価販売を行います。
カリタ製・ボンマック製・ハリオ製・プジョー製の、手挽きミルは1割引、電動
ミルは2割引とさせていただきます。
カタログによるご注文でも同様です。
期間は1/19(月)までで、期間中にご注文頂ければ割引を適用致します。

普段、挽き豆で購入されているお客様、是非この機会にご検討ください。


━━━━━━━━━━
【2】現在の特価豆
━━━━━━━━━━
現在の特価豆は有機FT・ガテマラ深煎りです。

特価 100g\630
(通常価格 100g\850)

また、特価豆は在庫を置いているので、すぐにお渡しできます!


━━━━━━━━━━
【3】先週のコーヒーランキング
━━━━━━━━━━
1月第2週のコーヒーランキング

 1位 有機FT・ガテマラ
 2位 有機モカ深煎り
 3位 有機コロンビア

4位以下は店舗の表または当店のホームページをご覧ください。
http://svz.liferoom.ne.jp/


━━━━━━━━━━
【4】お知らせ
━━━━━━━━━━
1)有機モカ在庫薄

問屋より有機モカが在庫薄との連絡が来ました。
現在、日本国内に置いてモカの数量が極端に不足しています。
エチオピアのモカから基準値以上の農薬が検出されたためで、現在モカの輸入が
規制されている状態です。
当店のモカは有機JAS認定品なので関係ないのですが、通常のモカが極端に不足
したため有機モカに需要が集中しているようです。
また、この農薬問題についてエチオピアは本腰を入れて解決する気がなさそうな
ので、今後も手に入りにくい状態が続きそうです。
日本はきちんと調査しないと規制を解除しない、エチオピアは今のままでも欧米
は買ってくれる、と平行線のようですね。
今のところ、当店にも問屋にも在庫はありますが、いつ無くなってもおかしくな
い状態です。
こちらの都合で大変恐縮ですが、ご了承ください。


2)コーヒーミル販売促進キャンペーン実施中!

【1】の項でも書きましたが、コーヒーミルをキャンペーン価格で販売していま
す。
1/19までお得な金額で販売しておりますので、よろしくお願いします。


3)周回サービスに登録してくださる職場・ご家庭を募集しています。

詳しくはこちら↓
http://svz.liferoom.ne.jp/menu/009.htm

なお、周回サービスの実施曜日の11:30〜13:30は、一時店舗を閉店しています。
ご了承ください。


━━━━━━━━━━
【5】編集後記
━━━━━━━━━━
エルサルバドルに続いてモカまで欠品の恐れ有りとなりました。
有機モカが欠品すると、有機モカ、有機モカ深煎り、人気豆ブレンドと三種類が
メニューから一時消えます。
現在、有機エルサルバドルとこくブレンドも欠品中ですので、合計で五種類とな
ってしまいます。
有機モカ・ナチュラルは現在欠品のお知らせは来ていませんが、これも欠品する
可能性を否定できず、そうなると六種類に…
どれも恒久的な欠品ではないものの、なんだかイヤな感じです。

今後とも、よろしくお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

送信元・問い合わせ先
 喫茶SVZ

店長:桑田洋明
E-mail:svz-cus@liferoom.ne.jp
TEL/FAX:0770-56-5970
〒:917-0241
住所:福井県小浜市遠敷6丁目1002-2
営業時間
 平日・土曜 10:00〜11:30
       13:30〜20:00
 日曜・祝日 10:30〜18:30
定休日:火曜日

URL
 喫茶店:http://svz.liferoom.ne.jp/
 コーヒーブログ:http://ameblo.jp/cafesvz
 バスケブログ:http://cafesvz.blog92.fc2.com/