よくある質問


Q1.どこでコーヒーの修行をしたのですか?

A1.どこかのお店で修行などはしていません。
   ほとんど独学です。
   コーヒーの抽出法は人や本によってまちまちです。
   特に蒸らし時間について、15秒と仰る人もいれば、1分と仰る方もいらっしゃいます。
   使用するコーヒー豆によっても最も美味しい抽出法は微妙に変わりますから、当店で使用する豆にあった方法は自分で見つけるしかありませんでした。
   また、水道水と雲城水を比べても、最良の蒸らし時間は違います。
   水道水よりも硬度の低い、より軟水側の雲城水で抽出する際に水道水と同じ蒸らし時間で抽出すると酸味が強くなりすぎてえぐみが若干でました。
   修行をしていないが故に、通常ではあり得ないこともあれこれ試しましたし、逆に柔軟な考え方ができているのではないかと思っています。


Q2.お店で焙煎されているのですか?

A2.いいえ。当店は焙煎をしておりません。
   有機栽培豆を名乗るには、豆そのものと焙煎工程の両方で有機JASの認定を受けなければなりません。
   その両方で認定を受けているお店から豆を仕入れています。
   コーヒー豆がお取り寄せになるのはその関係からです。
   たくさん仕入れて置いておけばいいじゃないか、と仰るお客様もいらっしゃいますが、新鮮さを重視するため店には最小単位の豆しか置いていません。


Q3.昔からコーヒー好きだったのですか?

A3.特にそう言うわけではありません。
   どちらかと言えば、コーヒーを飲むと胃の調子がおかしくなるので苦手でした。
   もっとも、これはカフェイン含有量の多いインスタントコーヒーや缶コーヒーを空腹時に飲んでいたのが悪い、と後で知りましたけどね。
   わたしが本当にコーヒー好きになったのは開店後です。
   有機栽培コーヒーを飲んでいくにつれて、どんどん深みにはまっていったと言う感じでしょうか。
   開店当初は、あくまでメインはSVZのつもりでしたので、コーヒーに大きなこだわりはありませんでした。
   ドリップはペーパードリップ、水も水道水をろ過したもの、程度でした。
   ところが、自分もお客様も、有機栽培コーヒーがあまりに美味しいと実感したため、メインがコーヒーに移行した経緯があります。
   コーヒーをメインにすると決めた時から、ネルドリップや水や抽出法などを本格的に勉強したので、そもそもコーヒー好きが高じて店を開いたわけではありませんでした。
   どこかでコーヒーの修行をしたわけではないのは、これも一つの理由です。


Q4.いつ開店したのですか?

A4.2005年(平成17年)6月19日です。



戻る